多汗症の悩みを解決│美容系の病院で治療しよう

ウーマン

汗をかく箇所と被害

下着姿の女性

多汗症とは汗を大量にかくことですが、様々な種類と症状があるのです。汗をかくことが多い箇所は、背中や脇の下などのように他の箇所よりも汗腺が集中している所ですが、身体の至る所から汗をかいてしまうような症状を全身性多汗症といいます。普通に多汗症は、身体のある箇所だけが異常に発汗するだけですかが、この全身性多汗症は多汗症の中でも珍しい症状です。このような症状が起こる原因は様々で、肥満体型ではないけれども痩せている人でもこのような症状が出るかもしれません。全身から汗をかくのではなく、ある箇所だけ汗をかくような症状を局所性多汗症といいます。手のひらに大量に汗をかくことを手掌多汗症といい、この症状によって汗でものが上手くつかめなくなったり、書類などを持ったら汗で濡れてしまったりするなどの被害が起きてしまいます。他には足の裏に汗をかいてしまう足蹠多汗症があるのです。足の裏は靴下を着用して靴を履いているため、汗をかきやすくなるでしょう。また靴の中が蒸れることによって悪臭がするようになるだけでなく、水虫になるという被害があります。そのような被害だけでなく、足の裏に汗をかいてしまうことによって、足を滑らせてしまい転んでしまう可能性が高いです。最悪の場合は骨折する恐れがあるので注意しましょう。頭で発症する多汗症は頭部多汗症といい、頭から汗をかくことで目に汗が入ってしまうかもしれません。また汗を大量にかいてしまうと頭皮にダメージを与えてしまい。脱毛する恐れがあって頭皮が弱い人には更に被害が大きくなるでしょう。頭だけでなく顔からも大量の汗をかいてしまい、特に女性は化粧をしても汗で落ちてしまうでしょう。多汗症にはこのような種類があって、違った症状と被害があるので注意しましょう。特に全身性多汗症の人は、局所性多汗症の全ての症状と被害がありますから、他の人よりも汗をかかないようにする必要があります。